お姉ちゃんがフェラチオしてくれたとき「ん・・・んふ・・・」と時より漏れる声がwwwwwwww

3r45e.jpg

204. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 13:29:48.93 ID:E6jcC5AQ0

お久しぶりです。
ちょっと一昨日の妹プレイの事をアップしてみます。
しばしのお目汚しを・・・


205. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 13:38:45.81 ID:E6jcC5AQ0

いつものようにというのも何なのだが
ベッドのボードに寄りかかりながら
姉の髪をなでつつ姉のフェラを堪能していた。
俺は激しいピストンよりも
ゆっくりと根元まで咥えてくれる
ねっとりとしたフェラが好きで
姉も心得ていてくれるので嬉しい。
「ん・・・んふ・・・」
と時より漏れる声がまた何とも悩ましい。



兄弟姉妹と気持ちいいことしてる人集まれぇ〜!17
http://aoi.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1381731207/


001:以下、名無しがお送りします ID:Hnanasi

女だが経験人数100人を目指して一人旅をした結果wwww
詳細を見る→http://top55.net/


従姉妹に強烈は恋愛感情を抱き、理性が崩壊して暴走wwwwwwwww
詳細を見る→http://puru01.net/


処女を卒業したいとか言ってる近所の女の子とガチでヤッテきましたwwwww
詳細を見る→http://fig001.net/




206. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 13:40:08.40 ID:E6jcC5AQ0

頭を少し斜めにしてしゃぶっている姿が
幼く見えて前から言えなかった事を言ってみることにした。
それは以前に姉の悪ふざけから始まった妹プレイだ。
また頼んでみようと思ってはいたものの
姉に妹プレイを頼むというのは
事の他言い出しづらくて未だに実現していなかった。
まあ姉との妹プレイといっても
やってるといつもと変わらないし互いの呼び方が変わって
姉がエロゲーの様な台詞を言うくらいなのだけど
その台詞が結構グッと来たのです。
「この前さ,妹プレイしたじゃん」
「・・・うん」姉の動きが止まった。
「あれ・・・やってくんない?」姉の頭を撫でながら続けた。
「・・・」おれのティンポを咥えたまま微動だにしない。


207. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 13:42:58.48 ID:E6jcC5AQ0

「なんか・・・あれ良かったんだよなぁ」
これで反応が芳しくなかったら諦めようと思っていたら
「い・・・いいよ。お・・・おにいちゃん?」
と口をティンポから離して恥ずかしそうに上目遣いで返事をしてきた。
その仕草といったら思わずこっちの顔が
赤くなったんじゃないかというくらい可愛かった。
「うわ・・・恥ずかしい!なにこれ?うわぁ・・・」
突然姉が人のティンポを掴んだまま人の脚の間でアタフタしだした。
その慌てぶりがまたかわいい。
「このまえ全然平気だったじゃん」
「や。そうなんだけど・・・すっごい恥ずかしい」
「止める?」
「ん。いいよ。やったげる。私も楽しかったし・・・」
とまたティンポをしゃぶりだした。


208. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 13:43:59.85 ID:E6jcC5AQ0

「お・・おにぃちゃんのチンチン・・・お・・おっきいぃ」
と最初はぎごちなかったその手の台詞も段々と慣れてきたようで
スラスラと出て来るようになってきた。
「おにぃちゃんのチンチン,美味しい・・・メグミ(仮名)大好き」
と根元から亀頭までをゆっくりと舌で舐め挙げ,
亀頭の先を舌の裏で舐めながら手コキを始めた。
それでなくともい「つもより硬くなってるんじゃないか?」と
思えるほど勃起しているのですでに限界近くなってきていた。
「メ・・・メグミ,そんなことしたら出ちゃうよ」
俺も姉の名前を呼ぶのはかなり恥ずかしい。
「いいよぉ。おにぃちゃんのなら飲んであげる」
と,ニヤリと悪戯っぽく笑った。


209. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 13:44:41.53 ID:E6jcC5AQ0

“いつも飲んでんじゃん” と思いつつも
その小悪魔の様な笑顔観たら一気に押し寄せてきてしまった。
「あああ。逝きそうだよ。メグミ,逝きそう・・・」
「気持ちいいの?おにぃちゃん。メグミに飲ませて」
と姉の手コキが速くなり亀頭部分を口にふくみ吸い出した。
「ああ!出る出る!ああ・・・」と下腹部に力が入った所で姉の口がスッと離れた。
当然行き場の無くなったザーメンは宙を舞い溢れ出して
手コキしている姉の手を汚すことになった。
「あ~あ。こんなに出して・・・」とまたニヤッと笑う姉。
“こいつわざとやってるな~” と姉を観ると
ザーメン塗れの指をわざと見せる様に舐め出した。
「おにぃちゃんの・・・美味しい」
「何が美味しいの?」
「お・・おにぃちゃんの精・・・子」 
少し恥ずかしそうだ。なんか嬉しい。


210. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 13:49:42.16 ID:E6jcC5AQ0

「そんなに美味しいならもっと舐めないと」
と撫でている手で姉の頭をチンポに近づけるると
「うん」またチンポをしゃぶりだした。
中に残っているザーメンも残らず吸い出すように吸われると
腰の力が抜けるほど気持ちいい。
指に付いているザーメンを舐めた後に身体を起こすと
「今度はメグミも気持ち良くして」と顔を近づけてきた。
軽くキスをしてもっと身体をあげるように促し
俺の身体を跨ぐように膝立ちさせると姉の乳首キスをする。
既に硬くなって少し勃起している乳首を
舌で転がし軽く噛んだりしてみる。
「はぁ・・・あっ・・・美味しい?メグミのおっぱい,美味しい?」
いつになく呼吸が荒い気がする。
「ああ,美味しいよ。メグミの小さいオッパイ」
と乳房全体を舐め挙げるように舌を這わせる。
「おにぃちゃんはおっきいオッパイが好


211. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 13:50:24.71 ID:E6jcC5AQ0

「おにぃちゃんはおっきいオッパイが好きだもんね」
と少しムッとした口調で返した来た。
姉は未だに俺が巨乳好きだと思い込んでいるらしい。
「そんなことないよ。メグミのかわいいオッパイ好きだよ」
と,片手で右の乳首をコリコリとしながら左の乳首を舐める。
「あぁぁぁぁ。嬉しい・・・もっと舐めてぇ」と頭を抱えてきた。
空いてる手でおしりを撫でながら徐々に脚の間に指を滑り込ませていき
アナルやアソコを触り出すと,さらに息が荒くなり可愛い声が漏れだしてきた。
「ん・・・あ・・・ふぁ・・・あっあっ・・・」
「気持ちいいの?」
「気もちいい・・・おにぃちゃん。気持ちいいよぉ」
胸を揉んでいた手で身体中をまさぐり,オシリから廻して指で
クリを中心にアソコのヒダや入り口を
クチュクチュと音がでるほど撫で廻す。
「あっ!いい!あっ・・・いっ・・・ああああっ!」
姉は俺の頭を胸の所に抱きかかえたまま逝ってしまった。


212. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 13:51:54.49 ID:E6jcC5AQ0

身体のひくつきが収まると姉は唇を重ねて来て舌を入れてきた。
俺は姉のアソコを弄りながら舌を絡ませていると
「ん・・・んふ・・・ふう・・・ああ・・」
また感じ始めて姉の口から唾液が漏れだし俺の頬を流れ始めた。
指の第一関節だけを姉の中に挿れ,ゆっくりと出し入れを繰り返すと
姉はキスを続けていられなくなりボードに寄りかかっている俺に
身体を預けるように寄りかかって来た。
「しょう・・・おにぃちゃん。また・・・逝っちゃう」
一瞬,おれの名前を言いそうになりながら姉はプレイを続けてくれた。
「いいよ。逝っても。何回でも逝っちゃえば?」
そう言うと姉の入り口を出入りしている指先の動きを速くすると
「いいっ!逝っちゃう!逝っちゃう!あああああ・・・」
と,あっけなく逝ってしまった。
どうやら逝きやすいモードに入ってしまったらしい。
いつもならもっと焦らしてからなるのだが,
やはり感じやすくなっているようだ。


215. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 14:23:40.33 ID:E6jcC5AQ0

アソコから溢れ出す愛液もいつもより多いようで,
既に姉の内ももは自分の愛液でヌルヌルになっている。
「おにぃちゃん。メグミの・・・舐めて」
いちいち『おにいちゃん』と言われるのがこそばゆい。
姉の身体を俺から離してゆっくりと俺の脚の間に寝かせると
一度自分の身体を起こしてじっくりと姉の身体を眺める。
姉は少し洗い息をしていてお腹のあたりが波打っている。
脚はM字に開いているけどかわいい膝は閉じられていた。
さすがにボードとの間が狭いので,姉の両脚を抱える様にして
ベッドの中央くらいまで押下げると
閉じている膝をわざとガバッと開き
目の前のツルツルの姉のアソコを舐め始めた。
「ひゃっ・・・はあぁぁぁ~~」
クリをひと舐めするだけで姉の身体はのけぞり身をよじりだす。
「ん・・・はぁ・・・あ・・・んん・・・」


216. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 14:24:15.83 ID:E6jcC5AQ0

ペチャペチャ・・・ジュル・・・ジュルル・・・
わざと音が出るように舐め廻し愛液を啜ると,
さらに反応がよくなった気がした。
「いいよぉ。気持ちいいよぉ。おにぃちゃん。もっと舐めて~」
姉は腰を浮かして俺の頭を両手でアソコに押し付けてくる。
ならばとそのまま姉の腰を持ち上げてマングリ返しにして
姉の顔を見ながらペチャペチャとアソコの愛液を舐め始めた。
「おにぃちゃん。美味しい?メグミのアソコ。美味しい?」
アソコから溢れる姉の愛液が下腹部を滴り落ちていく。
「美味しいよ。ほらこんなに溢れてきてるよ」
「そんな・・・うう・・・」
恥ずかしそうな姉を無視して
舌先でクリを転がすようにする。
「あ・・あ・・・あああ・・・んんんんん!」
姉はあっさりとまた逝ってしまった。
「もう・・・もうちょうだい。おにぃちゃんのちょうだい」


217. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 14:25:24.76 ID:E6jcC5AQ0

「何が欲しいの?」
「おにぃちゃん・・・ちんちん・・・ちょうだい」
「どこに?」
「めぐみの・・・」
「ここ?」とアソコ入り口をひと舐めする。
「あん・・・そこ。そこにちょうだい」
抱えていた姉の腰をそっと下ろして
さっきからギンギンになっているティンポの先で
姉のアソコを撫でながら
「ここに欲しいの?」
「うん・・・そこ。あ・・・」亀頭の半分だけ入れる。
「もっと・・・入れて・・・」亀頭だけ入れて少しピストン。
「あっあっ・・・もっと・・もっと・・・」
「このくらい?」半分ほど挿れて動かない。


218. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 14:27:10.76 ID:E6jcC5AQ0

「あぁぁぁぁ。もっと・・・来て・・・ 早くぅ。奧まできてぇ」
姉の身体が動くくらい一気に根元まで付き刺すと
「はああああ・・・」と姉の身体が反り返った。
身体を姉の上に重ねて顔を近づけて
「やさしくがいい?それとも荒っぽく?」とわざと訊いてみる。
「激しく・・・メチャクチャにして・・・」
さすがに姉の顔になって俺の頭を抱えるとキスをしてきた。
「よし!」とティンポのストロークをめいっぱい使って
姉の奧まで激しく腰を打ち付けて姉の中をかき回す。
「あっ・・・いい!・・・おにぃちゃん!すごい!ああん・・・」
あっさりと逝ってしまうかと思っていたら
案外そうでもないようなので,
姉の身体を引き起こして女性騎乗位で下から突き上げると
自分から腰を振り出し喘ぎ出しす姉。


219. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 14:28:29.64 ID:E6jcC5AQ0

「おにぃちゃんのチンチン,気持ち良い・・・」
「ねえ?メグミのアソコ気持ちいい?気持ち良い?」
と,時よりエロゲーの様な台詞も入れてくれる。
バックから姉の身体を揺さぶりながら思い切り撞く。
こっちはかなり前から射精感に襲われていて
どっちが焦らされているのかわらかない状態になっている。
「すごい!すごい!・・・おにぃちゃん,すごい!」
長い髪を振り乱して喘ぎ続ける姉。
とうとう四つん這いでいられなくなりうつぶせに寝てしまったので
アソコの前壁のあたりをティンポで撞く感じにすると
「いっ・・・あっ・・・いい!あああ・・・逝っちゃううう!」
姉はシーツを握りしめて身体を強ばらせた。
「くぅぅぅぅぅっ!・・・・・はっ!・・・はぁはぁ・・・・」
と姉は身体をよじりながら逝くと一気に脱力した。
姉が急に逝ってしまったので,俺は逝きどころを外してしまった。


220. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 14:29:03.31 ID:E6jcC5AQ0

するとまだ息づかいの荒い姉はこっちを観ると
「ねぇ。おにぃちゃん。今度はこっちもちょうだい」と
オシリをクイッ上げると自分の指でアナルを弄り出した。
「まだ逝ってないんでしょ?こっちにちょうだい」
その仕草がどうしようもないくらい艶めかしい。
「メグミのアナルにおにぃちゃんのチンチン挿れてぇ」
わざと過ぎるくらいの言い方でティンポをせがんでくる。
自分のアナルに指を入れてオシリを突き出している姉の姿を
しばらく観ていたいと思ってしまうくらいゾクゾクする。
ベッドサイドの引き出しからローションをとりティンポに塗ると
「オシリ出せよ」
と姉に言うと姉はうつぶせのまま脚を開き,
アナルが見えるようにオシリだけ突き出して来た。


221. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 14:30:32.85 ID:E6jcC5AQ0

出来れば四つん這い成って欲しかったが
アナルにティンポをあてがうと姉は心得ている様に
自分からアナルを押し付けてきて「はぁ~」と息を吐いてた。
ゆっくりとティンポが姉のアナルに吸い込まれていく。
「あ~~~~~・・・いい~~~~・・」
「メグミもすっかり変態だなぁ」
「ばか・・・おにぃちゃんのばか。ああん」
ティンポがアナルにすっかり収まると
姉の身体を引き寄せて膝立ちでオシリだけ突き出した姿勢にすると
今度はゆっくりとティンポを出し入れする。
「んっふぁ・・・・はぁ~~・・・ああ・・・・」
姉のかわいい喘ぎ声が耳に心地良い。
徐々にピストンのピッチを上げていくと
それに連れて姉の喘ぎ声も激しくなってくる。


222. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 14:33:16.43 ID:E6jcC5AQ0

「あっ・・・あっ・・・あああぁぁ・・・きもっ・・ちいい」
姉の軟らかいアナルの感触で一度は治まった射精感もすぐに戻ってきた。
「あ~,逝きそう。中に出していい?」
「いいよぉ~。中にちょうだい。おにぃちゃんのちょうだい」
では・・・とよりいっそうリズミカルに姉のアナルを犯す。
「はぁ・・あぁぁぁ・・・はあああ・・いきそ・・・・ああ」
あれ?やばい。まだ逝けないぞ
「いい!・・・ああっいい!・・・あっいく!んんっ!」
姉は逝ってしまったがこのまま逝くまでいきたい。
「来てぇ~。早くぅ~。あああ・・・また・・いきそっ・・・」
「逝くよ。逝くよ。ああああああ」
「早くっ早く・・はあああっ・・・ああ・・・ダメッ!あっっっ」
姉が今までになくピクッピクッと激しく痙攣しだした。
姉から少し遅れて俺も姉のお腹の中に放出して果てた。


224. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 15:55:50.70 ID:E6jcC5AQ0

姉からティンポを抜き目の前でぐったりとして
アソコとアナルをひくつかせている姉を観ていると
今までにないくらいの征服感が沸き上がって。
これは姉を縛って犯したときよりも充実艦があった。
「お・・にぃちゃん。脚が動かない・・・」
姉がうつぶせのまま小さく呟いた。
そんな姉の背中にキスをして段々と首筋まで昇っていく。
「気持ち良かった?」と耳元で訊くと
「うん・・・良かった」少しぶっきらぼうに言う姉。
「また妹プレイする?」今後の事もあるので今のうちに訊いておく。
「ん。・・・このまま妹でいい」とんでもないことを言いだした。
「あ。それはダメ。たまにお願いします」
「え~なんでよ~?私も言いたい事言えていいのにぃ?」
とクルッとこっちを向いた。
「だからです。どうせ日頃からわがまま言うでしょ?」
「うー。ダメかぁ。はあ・・・」


225. 姉とのこと sage 2014/06/30(月) 16:26:22.52 ID:E6jcC5AQ0

まだ怠そうに荒い息をしている姉がかわいい。
ほんとはもう妹でもいいと思えてならいけど
正直,以前に悪ふざけでやられた
うざったい妹ごっこを思い出すとうんざりする。
「おにぃちゃん。シャワー」と両手を差し出してくる姉。
「はいはい」と姉をお姫様だっこして
風呂まで連れて行くとシャワーだけのつもりが
風呂も入れろと姉のわがままが発動して
いつもの姉と一緒に風呂にはいってきました。

今度はいつ妹プレイをするか楽しみです。
以上お目汚しでした。

1001: エッチ好き@名無し ID:eroero



がっつり抜きたい人おススメエロ動画
エロ動画
【エロ動画】15歳でセックスを目的として売られた女の子の現在をご覧ください・・・・・
エロ動画
【エロ動画】ヤラシイ体の姉が、弟の精液欲しさに中出し近親相姦www
エロ動画
【エロ動画】処女のセックスがヤバイwwwwwwwwwwwwwwwwwwww【愕然】
エロ動画
【エロ動画】乱交複数プレイにハマった女の末路が酷すぎるwwwwww
エロ動画
おいwwwwww小●生がトイレでオナニーしてるぞwwwwwwwww
エロ動画
家に来た同級生を押し倒して無理やり強姦レイプした結果wwwwwwwwwww

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加